Vocathlon

わー
テンプレート、派手ー(w)



PFさんからPIさんに進級すると、
まず大きく変わる所がボキャスロン

他にも、ワークブックに文章の書き方が入ってきたり、
メインブックでは自分で考え発言するページが増えたりしますが、
やはりボキャスロンかなーと思います。

次々と単語を言っていくボキャスロンでは、
言えなかった所はチェックマークをつけられません。
これがものすごく悔しいらしいのです☆

これによって、単語の定着ができているかどうかというのが
PFさんよりも明確になるので、
子供達も真剣に取り組んでいるようです。

このボキャスロンが超超超大好きになった3年生のK君。
「単語の迷路」と呼んでいて、まぁ形が迷路のようになっているので
それが気に入ったのかな〜?^^

1人1単語ずつ回って行くのがもどかしいらしく、
「自分で全部言いたい!」と、授業の終わりに
お迎えを待っている間など何度も何度もボキャスロンをやっていました。

1人で単語を全部言える。
しかも、お母さんが知らないような、難しい単語が言える!
彼には、それがものすごい自信につながったようです。
すばらしい事だなーと思います。


逆に、「え〜〜〜〜ボキャスロン〜〜〜〜」と言う子もいます。
でも、なかなか覚えられなかった単語が言えた時の「やった!」
という表情は見逃しません^^


英語の文章は、全部単語同士がくっついてできているんだよ。
だから単語を覚えて、読めるようになると、
長い英語の文章も読めるようになるんだよ。

いつも子供達に伝えています。

難しい単語がたまっちゃうと大変だから、
毎週、出て来た単語をしっかりと覚える事。

文型も同じです。

おさらいを沢山してね!!
CD沢山きいてね!!
文章を書く時は、スペースあけるよ!島を作るんだよ!

みんな、耳にタコが出来た事でしょうw

でも、PIさん、PAさんは、おうちでのおさらいが
本当に大切です。
おうちの方にもお声掛けしていただき、
あとは時にはぜひ宿題を一緒にやってみてください^^

「わ〜!これ読めるの?」

「こんな単語知ってるの?」

驚かれるかもしれませんよ〜^^


ECCジュニア谷地教室
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地荒町東1-5-2
TEL/0237-72-7027
谷地教室 2007.9〜2010.6までのブログ
[PR]
by eccjr-yachi | 2011-06-03 14:53 | ♪Lesson | Comments(0)

山形県 ECCジュニア谷地教室のブログです♪


by eccjr-yachi
プロフィールを見る
画像一覧